2017年度第3回糸賀一雄記念未来賞受賞

昨年11月、2017年度第3回糸賀一雄記念未来賞を拝受いたしました。

 

「人工呼吸器を付けるなど、医療的ケアが常時必要な重い障害のある子どもが増えており、この分野での活動は、重要です。子どもたちが大変な状態にあるなかで、全国に活動を広め頑張っておられ、先進的である」とのことから、この度の受賞となったそうです。

 

会発足当初から、人工呼吸器をつけ医療的ケアを必要とする子どもたちの保育や教育問題、医療的ケアの問題、社会参加の問題等々、本人たちの「命と思い」を何よりも大切にしながら、実践的に取り組んできたことが評価されたのでは思います。ありがとうございました。