いのちの宣言(文)

 

<ひとつ>

 

わたしたちは、みんな、つながっているにんげんです。

 

いっしょうけんめいにいきています。

 

 

<ふたつ>

 

いま、せかいは、いのちのじだいです。

 

わたしたちには、そのいのちを、ひとりのにんげんとして、

 

たいせつにすることが、もとめられています。

 

 

<みっつ>

 

どのいのちも、ころしても、ころされても、じぶんでしんでもいけません。

 

とおといしにかたは、ありません。

 

とおといいきかたと、とおといいのちがあるだけです。

 

 

<よっつ>

 

わたしのかわりも、あなたのかわりもありません。

 

わたしたち、にんげんは、わたしのいのちを、せいいっぱい、

 

いききるだけです。

 

 

<いつつ>

 

わたしたちは、わたしたちのいのちをうばうことをゆるしません。

 

わたしたちは、わたしたちをぬきに、わたしたちのことをきめないでとさけび、

 

ゆうきとゆめ、きぼうをともだちに、にんげんのいのちのみらいにむかいます。

 

 

バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる

 

(旧:人工呼吸器をつけた子の親の会)2010.07.31

 

ダウンロード
いのちの宣言・文
バクバクっ子・いのちの宣言.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 309.9 KB