人工呼吸器とともに生きる

人工呼吸器をつけて生きる人、その人たちとともに生きる人たちのHPです。

人工呼吸器をパートナーに、子どもから大人の方まで、地域であたりまえに生きるために必要なことを様々な人たちと一緒に考え、お伝えしていきます。


2017年度「風よ吹け!未来はここに!!」上映会と意見交換会を全国で開催します

開催趣旨

 

バクバクの会では2016年8月に、人工呼吸器や医療的ケアを必要としながら、保育園や学校に通う子どもたちと、すでに自立生活をしている青年たちのドキュメンタリーDVD「風よ吹け!未来はここに!!人工呼吸器をつけて地域で生きる~ともに生きる力を育もう(60分)」を制作しました。(ダイジェスト版

 

2016年12月~2017年6月には、人工呼吸器をつけていても、医療的ケアが必要であっても“ひとりの人間、ひとりの子ども”として尊重され、お互いに支え合いながら地域生活を送れる社会の実現を願い、全国5都市(広島・大阪・東京・滋賀・愛知)で上映会と講演会を開催しました。全上映会を通して1,032名の参加者数となり、当事者や当事者家族を始め、保育・教育・保健・福祉・医療関係者、行政、学生、そしてチラシや新聞記事を見たという一般市民の方など様々な人が集い、参加者からは高評価を得ました。「このような会を今後もして欲しい」「どんな障害があっても共に地域で生きることの大切さを知ることができて良かった」「人工呼吸器をつけているからできないではなく、どうしたらできるかを、共に考え実践していきたい」等の感想をいただき、上映会を通して、当事者、家族、教育・福祉・保健・医療等の支援者が繋がる場ともなり、各地域における人工呼吸器をつけた子どもや人たちの地域生活への理解を広げることができました。

 

今年度は、さらに多くの地域で上映会を開催し、上映会を通して、その地域に住む当事者の方たちと地域の方々が繋がり、お互いの理解を深め、どんな障害があっても地域で共に学び、共に生きることの大切さや、共に命を育む大切さを市民のみなさんと一緒に考えながら、障害のある人もない人も共に生きるインクルーシブ社会の形成に寄与していきたいと思います。


<近日開催予定のイベント>


新潟から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会~「風よ吹け!未来はここに!!」DVD上映会と意見交換会

2017年12月10日(日)13:00~開場/受付

 13:30~14:30 上映会

14:45~16:30 意見交換会

*新潟の人工呼吸器ユーザーも来場します

 

会場 総合福祉会館 405・406会議室

(新潟市中央区八千代1-3-1)

 

参加費無料

 

当事者、一般市民、保育、教育、医療、福祉、保健等関係者どなたでもご参加いただけます。

ぜひ、お越しください。

詳細はこちら


風よ吹け!未来はここに!!ダイジェスト版(5分)



人工呼吸器のある暮らし

人工呼吸器とともに生きていく様々なライフステージや、各種制度についてなど、情報提供しています。



バクバクの会について

バクバクの会は、人工呼吸器とともに生きる人たちの命と思いを大切に活動しています。


入会案内とお申込み

どなたでもご入会できます。会員区分は、正会員、賛助会員、購読会員の3種類です。



出版物ご案内


ご寄付のお願い



お知らせ

お待たせしました!!防災ハンドブック改訂版が発行されました!

大変お待たせしました!初版発行より、構想6年!!ながッ!

 

「バクバクっ子のための防災ハンドブック」が、「人工呼吸器使用者のための防災ハンドブック・改訂版」として、パワーアップして登場! 書き込んで活用できる別冊もパワーアップしてます!

 

「東日本大震災における実態調査」など、会員の体験談も満載。人工呼吸器ユーザーだけでなく、介護を必要としている方や周囲の方々、みなさんに活用していただける内容です。日常のケアにもきっと役立ちます。ぜひ、お求めください。

 

定価 2,800円(税込)+ 送料

お申込はこちらから

 

想いと体験 はじめどんのつぶやき(父の想い)好評連載中

彼が生まれて、半年ほどたったころ、フォローアップの医師から「リー脳症の疑いがある。この子はながく生きられないかもしれない」と聞かされ、妻ともども目の前が真っ暗になった。 

 

今、目の前で寝返りしているこの子が、動けなくなって呼吸もとまる。いまどき、ドラマでもリアリティがなさすぎるだろ?

 

息子の突然の展開に戸惑うオヤジ…息子への想い、生きることへの想い…

はじめどんのつぶやきをぜひお読みください。



Facebook

Twitter