春競馬までには退院を!

食事のことはもちろんだが、入院が長期になってくると病室ですることもなくいろいろなことに飽きてくる。本や雑誌、テレビも冬なので野球もなく、相撲も2か月に一回…。妻は編み物ばかりしていた。

 

当時はスマホはまだまだ普及しておらず、PCを持ち込んでもいなかったので、情報の入手には苦労していた。ここは、病室は、本当に世間と隔離されているな、と感じていた。このままだと本当に息子は「温室育ち」になってしまう。

 

日曜日に家族で病室に居られるが、これといってすることもない。さてどうしたものか?テレビを何気なく見ていると、

某テレビ局で毎週やっているスポーツ番組があった。貴族の嗜み、競馬である。日曜日の朝に自宅の妻に買い目を連絡し、PCでメインレースに500円づつ馬券を購入する。午後3時過ぎにドキドキしながら中継を見て、一喜一憂して帰途につく。

 

春競馬が本格化するまでには、家族みんなで家に帰りたい。